絵本の読み聞かせはいつから?読み聞かせで子どもに愛を伝えよう!

浜辺で絵本を読んでもらう赤ちゃん 幸せになる子育て

絵本大好き保育士のサボジローです!
絵本の読み聞かせを始める時期について解説するよ!

絵本って楽しいですよね。

絵もかわいいし、絵本を子どもに読んであげる時間が私にとって幸せです。

しかし、そんな絵本の読み聞かせはいつから始めたらいいのでしょう?

0歳児向けの絵本がたくさん出ているから、0歳児からということはわかるけど・・・。

答えは、生後3ヶ月でも十分楽しめる!です。

読み聞かせの開始時期や、絵本の効果、初めてにふさわしい絵本について詳しく解説していきましょう。

絵本の読み聞かせはいつから?

先ほど答えは言ってしまいましたが、生後3ヶ月頃でも十分楽しめます。

正確に言えば、この時から始めなくてはいけないという決まりはありませんし、お母さんやお父さんが絵本好きなら新生児の頃から読んであげてもいいでしょう。

なぜなら、絵本を読み聞かせることには、心が落ち着く効果があるのです。

下記、読み聞かせを脳科学的に研究した論文から引用します。

「絵本の読み聞かせ」聴取時において,ほとんどの例で,前頭前野における血流減少が見られたことは,
絵本の読み聞かせ聴取時に「こころが癒されること」が起こっていると考えることができる。

引用元:「絵本の読み聞かせ」の効果の脳科学的分析,森 慶 子,2015

この実験でもわかるように、絵本を読み聞かせてもらうと心が落ち着くのです。

私の保育経験からも、1対1で絵本を読んでもらっている子どもはとても穏やかになります。

その絵本がどんな内容であってもこういう姿は見られます。

つまり、絵本の内容に関わらず、大好きな人に絵本を読んでもらうという時間が子どもにとって幸せで落ち着く時間なのです。

もちろん、赤ちゃんでも同じです。

まだあまり意味はわからなくても、お母さんやお父さんの声を感じ、絵を見ているだけで赤ちゃんには幸せな時間になるでしょう。

赤ちゃんが幸せなら、それはすぐにでも始めようかなと思いますよね?

読み聞かせの開始時期は、「お母さんやお父さんがやりたいと思ったらすぐにでも」が答えです。

ちなみに、3ヶ月を過ぎてくると、赤ちゃんもじっと絵を見たり楽しむ姿が出てきますので、読みがいもありますね!

絵本はお母さんやお父さんが読んであげよう

今時You Tubeに絵本の読み聞かせ動画が溢れていますよね。

絵本を買う必要がないし、動画を見せとけばいいか・・・。

絶対ダメです!!

絵本の読み聞かせは大好きな人にしてもらうからこそ本当の効果があるのです。

絵本の読み聞かせで一番の効果は、子どもが大好きな人の愛情を感じることができることです。

できれば静かな環境で、お母さんの声がゆっくりと聞こえ、お母さんの肌のぬくもりを感じながら絵やお話を楽しむ。

それが読み聞かせの大切なポイントなのです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

絵本が子どもに与える影響とは?You Tubeではダメ!ゼッタイ!
絵本が子どもに与える影響ってなんでしょう?この記事を読めば、「絵本ってなんとなく良さそう」ではなく、「絵本って良いものだ」とはっきり言えるようになります。

ともかく、家庭での絵本の読み聞かせは、紙の絵本で、スキンシップを取りながら読んであげることが大切なのです。

初めての絵本におすすめの絵本

では、絵本の読み聞かせを始めようと思った時、何を買えばいいのでしょう?

赤ちゃんには、赤ちゃん向けの絵本が売られています。

その中でもダントツオススメなのはもこもこもこ です。

詩人の谷川俊太郎さんが不思議な文章をつけた赤ちゃん絵本です。

絵本の内容は大人には理解不能。

平面からもこっと何かが出てきたかと思ったら、その何かが大きくなって、大きくなって、口を開けてもぐもぐ何かを食べて・・・。

私のあらすじ説明が下手なわけではありません。本当に意味不明な内容なのです。

しかし!なぜか赤ちゃんは皆この絵本が大好き!

まさに魔法の絵本です。

その証拠に、この絵本は40年以上売れ続け、発行部数100万部を超えるミリオン&ロングセラー絵本なのです。

もし内容が確認したい方は、絵本ナビ というサイトで全ページ試し読み可能です。

読んでみても「本当にこんなの好きなの?」と思うでしょうが、騙されたと思って赤ちゃんに読んでみてください。

不思議な体験ができますよ。

0歳児向けの絵本のオススメは、こちらでまとめてあります。

0歳児が笑う!親子の読み聞かせにおすすめの絵本6選
お母さんと赤ちゃんの宝物となる読み聞かせの時間。そんな時間にオススメの絵本を数々の絵本を読んできた現役保育士が紹介します!

ブックスタートとは?

私も最近知ったのですが、ブックスタートという自治体の取り組みがあります。

ブックスタートとは、

0歳児健診などの機会に、絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする活動です。

抱っこのぬくもりの中で絵本を読んでもらう心地よさや嬉しさを「すべての赤ちゃん」に届けます。

引用元:NPOブックスタート

なんと素晴らしい事業でしょう。

つまり、赤ちゃん向けの絵本を検診時にプレゼントしてくれるという取り組みです。

絵本を読んでもらうことで赤ちゃんが愛情を感じ、幸せになるきっかけを作りたいという願いが込められているそうです。

無料でファースト絵本が手に入るなんて、素敵です。

自治体によってブックスタートの取り組みがあるところとないところがあるようですが、ブックスタートを実施している自治体の方はぜひ利用しましょうね。

まとめ

絵本の読み聞かせはいつごろがいいのか?について解説してきました。

絵本は生後3ヶ月でも十分楽しむことができます。

しかし、それより早くても大丈夫。

絵本を読み聞かせしてもらう時間というのは、赤ちゃんにとって人生の宝物になる時間です。

早すぎるということは絶対にありません。

逆に、1歳になるまでには読み聞かせは始めてあげてほしいですね。

絵本をお母さんやお父さんから読んでもらえるということは、子どもの心の発育にも効果的です。

できれば1日1回でもいいので、絵本の読み聞かせを習慣にしてあげてほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

絵本の効果についてはこちらの記事で。

絵本が子どもに与える影響とは?You Tubeではダメ!ゼッタイ!
絵本が子どもに与える影響ってなんでしょう?この記事を読めば、「絵本ってなんとなく良さそう」ではなく、「絵本って良いものだ」とはっきり言えるようになります。

0歳時におすすめの絵本はこちらです。

0歳児が笑う!親子の読み聞かせにおすすめの絵本6選
お母さんと赤ちゃんの宝物となる読み聞かせの時間。そんな時間にオススメの絵本を数々の絵本を読んできた現役保育士が紹介します!

その他おすすめ記事はこちらです。

一生に今だけの芸術!子どもの絵をどう保存する?
子どもの絵ってどうやって保存するのがいいのでしょう?せっかくの思い出だから、簡単・確実に一生取っておきましょう!
育児でイライラしてしまう人におすすめの絵本!
育児でイライラしてしまうあなたに読んでほしい、子どもの気持ちに気づく絵本を紹介します。育児が辛い人ほど心に響くのではないでしょうか。
忙しいママのための、30分で5000円稼ぐお小遣い稼ぎの方法
忙しいママでも30分で5000円のお小遣いを稼ぐ方法をご紹介。ただし、一回きりの裏技的な稼ぎ方なので、期待しすぎないでくださいね。「怪しくない?」と思った聡明なあなたにこそ読んで欲しい記事です。
子どもの学費はどうする?学資保険は必要か?
学資保険ってよく聞くけど本当に必要なのでしょうか?学資保険のメリット・デメリット合わせて、学資保険についてわかりやすく解説します。
子育て家庭必見!格安SIMでスマホ代を7000円以上減らす節約術!
子育てって本当にお金がかかります。そんな子育て家計必見の、毎月出ていく固定費を確実に減らす節約術を紹介します。
8ヶ月不安とは?赤ちゃんの大きな成長、人見知りの始まり
【保育士解説】8ヶ月不安とは?後追いや夜泣き、人見知りが激しくなる8ヶ月不安についてくわしく解説していきます!
赤ちゃん成長の節目、三項関係とは?わかりやすく徹底解説!
三項関係とは、赤ちゃんとお母さんが同じものを見て感動できるようになることです。発達にとってとても大切な三項関係についてどこよりもわかりやすく丁寧に解説していきます。
「生きる力」とは?新しい時代を生きていく子どもたちへ贈りたい力
生きる力とは?どこよりもカンタンに解説!先の見えない時代の中、子どもたちに必要なものは?学力?英語力?いいえ、生きる力です。生きる力を贈り幸せな人生をプレゼントしましょう。

Twitterもやってます!今の子育ての最先端情報やおもしろ保育エピソードをつぶやいてます!

タイトルとURLをコピーしました