一体なにを考えてるの?プロが教えるイヤイヤ期の子どもの心と対処法

幸せになる子育て

こんにちは!
数々のイヤイヤ期と向き合ってきた、保育士のサボジローです。

みなさんは身近なお子さんに
「なんで何を言ってもイヤって言うの!!」
「こんなに怒って何が気に入らないの?」
「こんなに言うこと聞かないなんてうちの子普通じゃないかも…」
なんて感じたことはありませんか?

もしかしたらそれ、イヤイヤかもしれません。


実は新任の保育士も、たくさんの人がこのイヤイヤ期に苦しめられます。

そこで今回は、大人から見たら訳がわからない、子どものイヤイヤ期とその対処法について詳しく解説していきます。

イヤイヤ期について知りたい人はまずこちらからどうぞ

子育て最初の難関!?魔の2歳児の正体とは
こんにちは保育士のサボジローです。このページをご覧の方は魔の2歳児ってなに?と検索した方が多いのではないでしょうか。新米保育士さん、新米お母さん、もしくは新米お父さんか新米叔父さん・叔母さんかもしれません。きっと2...

まずは知りたい!イヤイヤ期の3つの対処法

子どもの話をしっかり受け止める

子どもがなにか「イヤ」!と言った時は、まずは子どもの気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。

では、
「子どもの気持ちを受け止める」
とはどういうことでしょうか?


それは、子どもの話を聞いて、どんな話でも共感してあげることです。


例えば、
「ご飯食べるよ」と声をかけたとき、
「イヤ!」と言ってきたとします。


多くの大人は
「なんでなの?」と聞き返したり、
否定してしまったりすることがあります。


すると子どもは
”自分の言っていることを聞いてくれない”
という気持ちになってより頑固にイヤイヤしてしまいます。

そこで、
「ご飯食べるよ」
「イヤ!」
「そっか、ご飯食べるの嫌なんだね」
とそのまま言葉にして返してみてください。


これは大人のカウンセリングでも用いられる手法で、相手の言ったことをそのまま言葉にして繰り返すことで”わかってくれている”と相手に感じさせる効果があります。

もちろん、これ自体は何の解決にもなりませんが、
まず「ご飯食べるの嫌なんだね」と共感した後で
「どうして嫌なの?」と原因を探ってみたり、
「じゃあ、今やってること終わったら食べようか」
と提案してみることで拍子抜けするほどうまくいくこともあります。


まずは試してみてください。

また、その場を収めることはできなくても、この”共感する”ということはイヤイヤ期の子育ての上ではものすごく大切になってきます。


ぜひ共感してあげてください。

選択肢を提示する

先ほども少しお話しましたが、子どもに選択肢を与えることも有効になってきます。

イヤイヤ期の子どもは”自分で決めた”という満足感が欲しいのです。

ですから、まずは気持ちを受け止めた後で、
「ご飯食べるの嫌なんだね、わかったよ。じゃあ、フォークで食べる?スプーンで食べる?」
と子どもが選べるようにしてあげると不思議とうまくいくときがあります。


試してみてください。

こういう時期だから…と割り切ってしまう。

これは解決法と言うよりは大人側の気持ちの持ちようです。


イヤイヤ期の子どもを相手にしたときなぜイライラするのでしょう。
それは、”大人から見て筋の通らないことでイヤイヤするから”です。


しかし、ご自分の中学生のころを思い出してみてください。


意味もなくイライラしたり、大人に決められることが嫌だったりしていませんでしたか?


そのころの反抗期と同じで、イヤイヤ期は発達の段階でとても自然なものです。


ですから、
”こういう時期だからしょうがないよね”
と大人がある種あきらめてしまえば驚くほど心は軽くなります。


こうして大人に余裕ができると、冷静に子どもの気持ちを受け止めることもでます。

すると、子どもも満足して親子の関係がとてもスムーズになります。


いつまでも続くものではないので、あきらめてしまうということはとても大きな手段の一つですよ。

イヤイヤ期はいつからいつまで?

先ほどイヤイヤ期は大人があきらめてしまえば心が軽くなると言いました。


しかし、
「いったいいつまでこのイヤイヤが続くの?」と感じている方も多いのでは。


そこで次は、イヤイヤ期の始まる時期や個人差についてみていきましょう。

イヤイヤ期の始まり~1歳半ごろ~

子どもそれぞれ始まる時期は違いますが、一般的には1歳半ごろからと言われています。


今までお父さんお母さんのいうことは言われたとおりにしていた子が、徐々に「いや」と言い始めるのがこの頃です。


しかしまだまだかわいい物、本番はもっと先です。

イヤイヤ全開!全盛期~魔の2歳児~

イヤイヤ真っ盛り。

朝から晩まであれもこれもイヤ!


俗に魔の2歳児と言われる時期です。

子どもの自我が大きくなり(とても成長してるということです)ありとあらゆることにイヤと言う時期です。


ここを乗り越えればあと少しです。

イヤイヤ終息期~少しずつ落ち着いてきた3歳ごろ~

この頃になるとだいぶ言葉が話せるようになり、子どもは色々なことがわかってきます。


ですから、
”なぜ嫌なのか”を話すことができるようになってきて、わけのわからないイヤイヤはだいぶ収まってきます。


しかし、その分筋の通ったイヤイヤもあるので、ある意味大変かもしれないですね。

もちろん個人差はありますがこのような感じでイヤイヤ期は進んでいきます。


大体の子は4歳ごろには、
むやみやたらとイヤイヤすることは少なくなっていきます。


5歳にもなれば駄々をこねるということもかなり減っていくでしょう。


もし5歳でも駄々をこねるとすれば、そこにはしっかり子どもの思いがあるはずです。


どうしてそうしたいのかしっかり聞いてあげてください。

なんでイヤイヤ期なんてあるの?

そもそも、なぜイヤイヤ期などという親を困らせる時期があるのでしょうか?


実は、イヤイヤ期は子どもが成長するうえでものすごく大切な時期なのです。


では、イヤイヤ期の原因についてみていきましょう。

イヤイヤ期は自我を育てる大事な時間

子どもは生まれた時の感情は快と不快しかないといわれています。

この頃はまだ自分とお母さんとの違いもはっきりしていません。


そして成長するにつれ、
”どうやら自分とはお母さんともお父さんとも違う存在のようだ”
と気づいていきます。


すると、今までは親に言われることをそのまま実行していたことが、
「イヤ」と言ったらどうなるだろう?
と試し始めます。


そして、徐々に
”自分は自分だ”と主張するためにイヤイヤ期へと突入していきます。


こうして自分の周りの大人が言うことになんでも
「イヤ」ということで
”自分は自分だ”という自我を手に入れていくのです。

イヤイヤが強かった子は自分で決められる人になる

大人には大変なイヤイヤ期ですが、このイヤイヤ期が充実すると自分らしさをしっかり持って、自分で色々な物事を決めていく力を身に着けることができるのです。

また、イヤイヤをたくさんして、大人にしっかりそれを受け止めてもらった子どもは、物事を順序だてて自分自身の力で進めていく力が付くともいわれています。


ご自身のお子さんが、何も決められず、人に言われた通りなんとなく生きる大人になるのと、自分で色々な選択をして、自分の人生を切り開いていける大人になるのとどちらがいいでしょうか?


イヤイヤ期は自分で決め、自分で生きていくための力をつけていくための大切な時間なのです。

まとめ

今回は、子育てする大人にとってとても大変な、イヤイヤ期の原因と対処法について解説してきました。


いかがでしたでしょうか。


イヤイヤ期は
”自分のことを自分で決めて生きていく力”
を育ている大切な時間です。


側にいる大人ができることは、子どものイヤイヤを受け止め、思う存分イヤイヤを発揮させてあげることでしたね。

想像してみてください。


赤ちゃんは本当に何も知らずに生まれてきます。


赤ちゃんは生まれてすぐのころ、自分の手をじーっと眺めていることがあります。


これは、
”何だこの物体は、自分の思い通りに動くぞ、舐めると温かいぞ”
と自分の手というものを発見して色々試しているのです。

なにがおもしろいのかな?赤ちゃんが手を見るしぐさの意味
赤ちゃんが手をじーっと見つめる仕草、とてもかわいいですね。ハンドリガードと呼ばれるこの仕草に隠されたステキな意味を解説します。


そんな風に自分の手の存在すら知らなかった赤ちゃんが
”自分とはなにか”と確認していく大切な作業がイヤイヤ期です。


そう思うとなんだか愛しく思えてきませんか?


大変な時期ですが、後になって振り返ったお母さん、お父さんはいい思い出になったという人が圧倒的に多いです。

深呼吸して、
愛しい成長の時期だと思って温かく見守ってあげられるといいですね。


きっと子育ての大切な思い出の一ページとなるでしょう。

子育てにとって大事なことを知りたい人はこちらもどうぞ

子育てで後悔したくない人必見!幼少期の子育てで大切にしたい3つのこと
【現役保育士解説】子育てで大切にしたいことって何でしょう?たくさん情報がありすぎてわかりづらくなっていませんか?やることはシンプルで、子どもを愛すること、一緒に遊んであげることです。そんな当たり前がどんなに大切か、わかりやすく解説します。
砂遊びしない子は学力低下?砂遊びに隠された大きな力
砂遊びをしない子は学力が下がるという研究があります。そのくらい砂遊びには子どもにとって大切な要素が詰まっているのです。砂遊びの魅力や遊び方、注意点について解説します。

その他こちらもおすすめです。

一生に今だけの芸術!子どもの絵をどう保存する?
子どもの絵ってどうやって保存するのがいいのでしょう?せっかくの思い出だから、簡単・確実に一生取っておきましょう!
子どもの好き嫌いは当たり前?好き嫌いのない人より食事を楽しめる人へ
子どもの好き嫌いで悩んでいませんか?私の作り方が悪いの?そんなことはありません。子どもが好き嫌いするのは当たり前!考え方を少し変えるだけで、子どもの好き嫌いに悩まなくなります。
子育て家庭必見!格安SIMでスマホ代を7000円以上減らす節約術!
子育てって本当にお金がかかります。そんな子育て家計必見の、毎月出ていく固定費を確実に減らす節約術を紹介します。

保育士さんはこちらもどうぞ。

保育を楽しめてないあなたへ、「保育士はとても自由な職業だ」
保育士って大変ですよね?でも、大変だからって暗い顔してませんか?保育士は一般の職業よりずっと自由な職業なんですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました