保育のモヤモヤをオンラインで解消!保育士オンライン勉強会「gifter」

保育

保育をしていると、

「このやり方って本当に合ってるの?」

「うちの園って変じゃない?」

そんな風に感じることってありますよね?

しかし、保育園はとても狭い職場で、なかなか他園の保育士さんとつながるのも難しいです。

もちろん研修に行けば、他園の人はいますが、本音で話せるほど密度の濃い話し合いは難しい・・・。

園の名前を背負って研修に行く以上、どうしても立場がありますからね。

そんな保育のモヤモヤをスッキリさせてくれるサービスがあります。

保育士オンライン勉強会「gifter」です。

保育業界の未来を変えるかもしれないオンラインサービス、「girter」についてご紹介します。

gifterとは?

gifterとは「保育士がイキイキと働ける社会に」というスローガンのもと、一部上場の大企業TISさんが実現化を目指す、保育士向けオンライン勉強会のサービスです。

「目指す」という言葉通り、現段階ではまだ試験段階です。

私は一保育士ですが、gifterの実証実験に参加させていただいていまして、「このサービスは日本の保育会を大きく変えるかもしれない」と感じています。

gifterのサービス内容

まだ検証段階で確定しているものではありませんが基本的にサービス内容は以下のとおりです。

  • 月に2回のプロの講師によるオンライン講演会
  • 月に2回のオンライン保育士座談会(保育について語り合います)
  • チャットによる情報共有

基本はオンライン講演会を軸としたサービスです。

しかし、オンライン講演会ももちろん素晴らしいのですが、何より素晴らしいのは全国各地の、他園の様々な保育士さんと真剣に話し合えることです。

gifterの料金体系

こちらもまだ検証段階で確定のものではありませんが以下の通り。

  • 月額2,9870円
  • 初めて参加の方はお試し価格で月額1,500円

gifterのサービス提供会社

girterはTIS株式会社がサービスを提供しています。

資本金100億円の大企業が提供するサービスなので、安心して参加できますね。

テレビCMもやってます。

TISインテックグループCM「サクっと決済」篇(30秒)【TISインテックグループ】

gifterに参加するメリット

保育をしていると、「うちの園のやり方って合ってるの?」とモヤモヤを感じることってありますよね?

しかし、現実の保育士の世界では自園のやり方に異を唱えることは難しく、疑問に思っても心に封じ込めてしまう人が多いです。

例え保育の勉強をたくさんして、先輩や上司のやり方について疑問を口にしてみても、「そんなやり方は現実的でない」と抑えつけられてしまうことも・・・。

girterには、全国各地から(中には海外園勤務の方も)「子どものために良い保育をしたい」という思いを持った人が参加しています。

そんな人々と日常の保育について真剣に語り合う中で、実際に現実の保育現場で行われている様々なやり方を知ることができます。

オンラインだからこそ、自分の園と関係ない人とだからこそ本音で保育の話をできるのです。

保育士の中には現状維持で精一杯で、「本当に子どものために!」と働く意欲をなくしてしまっている人も多くいます。

そんな人々に囲まれて保育をしていると「おかしいのは自分のほうかもしれない」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、間違っているのはあなたではありません。

保育のことを真剣に考えているあなたが間違っているはずがありません。

保育には正解はないかもしれない。

でも、より良いやり方はきっと見つけられるはずです。

保育について心から真剣に取り組む仲間と話し合う中で、きっとあなたの答えが見つかります。

gifterは、子どものために真剣に働く保育士が、よりキラキラと輝けるためのサービスなのです。

もし日々の保育や自園のやり方に疑問を感じているのなら、試しに参加してみてはいかがでしょうか?

gifterへのお申込みはこちら

※本サービスはまだ検証段階です。そのため有料検証に参加していただく方の募集となりますので100名限定募集です。ご了承ください。

※私も一参加者として参加しています。もしかしたらオンラインでお会いするかもしれませんが、私個人の特定はご遠慮ください。(気づいてもそっとしておいてくださいね〜。)

保育士同士つながれば保育業界は変わる

保育士の労働環境は決して恵まれているとは言えません。

サービス残業。

安い給与。

先輩や上司のやり方にNOと言えない古い保育・・・。

そんな環境を生み出しているのは、「どうせどこの園も似たようなものだろう」という諦めに近い感情です。

どこも一緒だからと諦めて、我慢して働く保育士さんがいるからこそ、一般社会ではありえないことがまかり通っているのが保育業界です。

しかし、現実には違います。

どこの園も一緒ではありません。

きちんと労働基準法が守られている園。

子ども主体の保育を実践している園。

職員同士が信頼しあって話し合うことができる園が現実にたくさんあるのです。

私はこのサービスを通してそういった園で働く人々に出会いました。

そうして、保育士同士繋がり合っていけば、今まで「どうせ変わらないだろう」と思っていたことも変えていけるはずです。

保育士同士繋がり合い、保育士が他園の事情を当たり前に知れるようになれば、常識はずれのおかしなことをしているブラック園には人が集まらなくなります。

そうなればブラック園に残された道は「変わるか」「潰れるか」です。

そうやって保育士同士つながれば保育のモヤモヤはなくなっていき、少しずつ保育業界は変わっていける。

そんなふうに私は感じているのです。

保育業界には新しい風が拭き始めています。。

gifterは大きな追い風となって、保育業界を後押ししてくれるのではないでしょうか。

まとめ

保育士向けオンライン勉強会gifterについて紹介していきました。

正直に言えば、この記事を読んであなたがgifterに参加してくれても私には一銭の得もありません。

むしろ、個人で大切に運営している当ブログにとっては、運営者の個人特定につながる等リスクのほうが大きいです。

それでも私が当ブログでgifterを紹介しようと思ったのは、運営メンバーの「保育士がイキイキと働ける社会に」という熱い思いに感動したからです。

運営の方はTISという大企業の社員さんですが、このプロジェクト自体は会社内では向かい風の方が強かったようです。

しかし、運営のメンバーの方々は、「悩んでいる保育士さんのために」とものすごい努力でここまでこぎつけてくれました。

その努力は情○大陸ものです。

私も最初は気軽な気持ちで検証に参加していましたが、今では「このサービスは保育界を変える」と感じています。

もしあなたの周りに、保育を本音で語り合える人が少なく、保育のモヤモヤを抱えているのなら、gifterでその仲間が見つかるでしょう。

一緒に保育業界を変える風をおこしていきましょう。

gifterへのお申込みはこちら

※本サービスはまだ検証段階です。そのため有料検証に参加していただく方の募集となりますので100名限定募集です。ご了承ください。

※私も一参加者として参加しています。もしかしたらオンラインでお会いするかもしれませんが、私個人の特定はご遠慮ください。(気づいてもそっとしておいてくださいね〜。)

この記事を読んだ方にはこちらの記事もおすすめです。

保育士が辛いと感じているあなたへ
保育が辛いと感じているあなたへ。あなたは悪くありません。悪いのはあなたの保育園です。保育が辛い理由を徹底的に深堀りすると、心がふわっと軽くなりますよ。
イヤイヤ期を乗り切るための4つのマインドセット
イヤイヤ期の子どもにもうお手上げという方、あなた自身の考え方を変えればイヤイヤ期の育児がずっと楽になります。イライラが止まらないあなたへ、イヤイヤ期を乗り切るための考え方をお伝えします。
スマホをかざすだけ!一番簡単な花の名前の調べ方
何よりも簡単な花の名前の調べ方をご紹介します。保育士さん、お母さん、お父さん近所の花の名前を覚えて子どもに教えてあげましょう。
世界最先端教育ミネルバ大学から学ぶ、現代の子育てで大切なこと
ミネルバ大学とは、21世紀最初のエリート大学です。今までの教育を根底から覆す、ミネルバ大学の考え方を見ながら、現代の子育てに大切なことを解説します。ミネルバ大学については、全教育者に知ってほしい!!
保育を楽しめてないあなたへ、「保育士はとても自由な職業だ」
保育士って大変ですよね?でも、大変だからって暗い顔してませんか?保育士は一般の職業よりずっと自由な職業なんですよ!
「生きる力」とは?新しい時代を生きていく子どもたちへ贈りたい力
生きる力とは?どこよりもカンタンに解説!先の見えない時代の中、子どもたちに必要なものは?学力?英語力?いいえ、生きる力です。生きる力を贈り幸せな人生をプレゼントしましょう。
  • 月500円で1万本以上のVideoが見放題。
  • スマホでも、タブレットでもテレビでも
  • まずは1ヶ月無料体験!
サボジロー

保育士→オーストラリア留学→北海道から沖縄まで日本各地を転々→バリでサーフィンの日々→保育士に戻る
保育士としての新しい生き方を提案していきます!
子どもの真剣な眼差しと海と旅が大好き!

サボジローをフォローする
保育
サボジローをフォローする
子どもの目
タイトルとURLをコピーしました