保育が良くなる!エピソード記録(エピソード記述)の書き方

保育

こんにちは!

1年間エピソード記録を描き続けた、保育士のサボジローです!

この頃保育園でもエピソード記録を取り入れるところが増えてきました。

しかし、「エピソード記録ってどう描いたらいいかわからない・・・。」という方も多いようです。

それもそのはず、今まで保育の記録とは、書き手の個性を消して保育を客観的に捉えることが重要視されてきました。

保育の養成校でも、実習日誌の書き方として時系列でひたすら事実を書いていく書き方を習いましたよね?

しかし、エピソード記録は子どもの心、そして、描き手である保育士の心を描くものなのです。

今回は誰にでも簡単にエピソード記録が描けるように、エピソード記録の描き方を解説します。

※エピソード記述とエピソード記録は同義語です。記事内で「エピソード記述」と「エピソード記録」の表記が混在してますが同じ意味としてお読みください。

※今回参考にさせて頂いた「保育のためのエピソード記述入門」において、「書く」→「描く」という表現になっていました。
エピソード記録の意味を考えるとステキな表記だと感じましたので「描く」で統一してます。

なぜエピソード記録を描くか?

まずは描き方の前に、なぜエピソード記録(エピソード記述)を描くか?を見ていきましょう。

エピソード記録は普通の記録と違って、心を描く記録だよ!

まず、保育の記録とは客観的であるべきだという流れがありました。

保育者個人の思いではなく、実際に起きたことを第三者の目で書くことが重要だと。

客観的眼差しで、子どもの発達を捉えるための記録が今までの保育記録です。

つまり、日々の日誌などは(保育経験の差は出ますが)誰が書いても同じ記録になるように書かれているのです。

しかし、エピソード記録は違います。

エピソード記録は、保育現場に立つ保育者が主体として何を考え、どう感じたかを描き出す記録なのです。

もう少しわかりやすく言えば、同じ場面を見ていても、あなたが描いたエピソード記録と、他の人が描いたエピソード記録は全く違うものになるのです。

保育現場において保育者はとても重要な環境です。

その人の人格や子どもへの接し方、子どもの見方が大きく子どもに影響を与えます。

しかし、第三者の目で記録を書いていては、そこに確かに存在していた保育者の思い、子どもの思いが削り取られてしまうのです。

今、保育の中では生きる力を育てることが重要とされています。

生きる力を育てる上で重要なことは、子どもに何の活動をさせたかとか、何ができるようになったということではありません。

子どもが何を感じ、大人がどう応え、子どもがどう考えたかという過程が一番大切なのです。

その部分こそ記録に残し、色々な人と共有していく必要があります。

エピソード記録は保育者の心が動いた時に描く記録です。

事実を淡々と述べるのでなく、子どもの行動に感動したとか、嬉しかったとか、悲しかった、考えさせられた・・・。

そういう保育者の思いを描く記録がエピソード記録なのです。

保育のもう一人の主人公(一人目はもちろん子ども)として保育者が何を考え、どう感じているか。

その記録を残し、他の保育者と共有することで話し合いが生まれ、子どもへの思いをすり合わせることができ、保育の質が高まっていくのです。

エピソード記録は保育の質を本当の意味で高めるために、とても重要な記録なのです。

余談ですが、私はエピソード記録を保護者に公開できればいいのにと考えています。

「子どもがどう遊んだ」という記録を見るより、保育者がどう感じているかを知ってもらうことで、保育士の仕事・大変さ・重要さをわかってもらえると思っています。

ちなみに、私はある園で1年間、毎日ポートフィリオ(写真付きの簡単なエピソード)を掲示していました。

保護者からの評判も良く、特に誰か個人をフューチャーして描いた時は少なくない反響をもらえました。

保育者が思いを表現することは、保護者にも感動を与え、子育てについて考える機会となるのではないでしょうか?

エピソード記述の描き方

さて、本題です。

エピソード記述は

  • 背景
  • エピソード
  • 考察

の3部構成で書かれることが多いです。

こう見ると、いかにも難しいですね。一つずつわかりやすく見ていきましょう。

背景

背景は情報の補完です。

エピソード記録は誰が読んでもわかるように描く必要があります。

保護者や担任など、その子どもに近い人が読めばわかる内容でも、その子どもを知らない人が読むと伝わりづらくなってしまうエピソードもあります。

しかし、エピソードの中にその子どもの情報(年齢、家庭背景、この頃の育ち等)を全部入れ込んでしまうと読みづらくなってしまうのです。

そのため、その子どもの背景(情報)を事前に描いておいて、読み手にその子について簡単に知っておいてもらうのです。

描き方は箇条書きでも文章でも構いません。

また、その子についてのすべての情報を入れる必要はなく、エピソードを理解するために必要なことだけ描けば大丈夫です。

まずはエピソードを描いて、その後描ききれなかった情報を後で背景として描くのがいいでしょう。

ちなみに、必要なければ省略しても大丈夫ですよ。

エピソード

エピソードは、あなたの心が動いた場面を描きましょう。

子どもの行動を見て感動した、嬉しかった、悲しかった・・・保育していると印象に残る出来事があるはずです。

その出来事がなぜ印象に残ったのか考えてみてください。

ちょっと例を上げてみましょう。

こちらのページに例としてエピソード記述を載せておくので読んでみてください。

私が新人保育士の頃を思い出して描きました。

このエピソードで私の心が動いたのは、「Kちゃんがトイレでおしっこすることができた」という喜びです。

新人だった頃の私はとても深く感動したのを覚えています。

そんな風に日常の保育の中で、自分が強く何かを感じたときのことを思い出し、その場面を切り取って描いてみてください。

それを読み返し、時系列的にどこから描いたらいいのか?

背景として出しておいたほうがいい情報はなにか?(先程のエピソードではKちゃんはトイレトレーニング中だということ、緊張が強いことですね)

といったように必要な情報を足していけばエピソードの完成です。

描き始めは、そのエピソード記述の肝となる部分、つまり自分の心が動いた場面をまず描いてみるといいですよ。

その後、人に読まれるものとして、意識して肉付けしていけばいいのです。

考察

「考察」と字面を見るとすごくむずかしそうですが、要するに思ったことを描けばいいのです。

エピソード記述とは保育士の心を描き出す記録なので、考察は大切です。

自分がそのエピソードを通じて何を感じたのか、どう思ったのか、その子にどんな発達の願いを持っているのか・・・。

どんな切り口でもいいので、自分が感じたことをそのまま描いてください。

どうしても保育記録を書こうとすると、正解を書かなければいけないような気がしてしまいます。

プロとしてその子のその行動を分析しなくては・・と肩の力が入ってしまいます。

しかし、エピソード記述を描く目的は違います。

その場面で保育者が感じたことを読み手と共有することで、そこから話し合いが広がっていくことが目的なのです。

なので、考察で完結させる必要はありません。

自分の思ったことをありのままに描いてください。

先ほどのKちゃんのおしっこのエピソードでは、新人時代に感じたことを思い出し、嬉しかったことをそのまま描きました。

しかし、今こうしてこのエピソードを見れば、そこまで強引にする必要があったのか?もっとKちゃんの心に負担をかけない方法はなかったのか?と反省が頭をよぎります。

それでいいのです。

新人時代の私の未熟さをそのまま映し出しているのがエピソード記述なのです。

ありのままのあなたの感じたことを、考察として描いてみてください。

そうすることであなたの保育観が読み手に伝わり、話し合いへと広がっていくのです。

エピソード記録を描くときのポイント

さて、エピソード記録の描き方はおわかりいただけたでしょうか?

ここではエピソード記録を描く上での、押さえておくといいポイントを紹介します。

心が動いた場面を描く

これは繰り返しになりますが、保育の中で心が動いた時に描く事が重要です。

保育者の心が動いた時に描くエピソードは生き生きとして、その場面の子どもの心や、保育者の保育観をありありと描き出します。

逆に言えば、心が動かなければエピソード記録は描けません。

毎日の保育業務を流れ作業のように、心を殺してこなしてしまっている人には描けないでしょう。

日々の保育の中で、子どもが何を感じているのか、なぜその行動をするのか?子どもの心を探ろうとする視点を持つことで、自然とエピソード記録にしたい場面は見つかると思います。

メモを取ろう

当たり前の事のようですが、保育歴が長くなるほど日常をメモらなくなるものです。

しかし、人間は忘れていく生き物です。

よほどフレッシュな記憶力を持った人、または鮮烈な印象を残したできごとでなければすぐ忘れてしまいます。

しかし、実は保育の大切な部分は、すぐに忘れてしまうような、当たり前の日常のやり取りの中に隠れているのです。

その時にちょっと面白いと思ったこと、不思議に思ったことなど少しでも心が動いたことを簡単にメモしておいて、後でゆっくり考えてみると面白いエピソード記録が描けるでしょう。

ありのままの姿を

どうしてもいいエピソードを、子どもが成長した姿を・・と考えてしまいます。

しかし、エピソード記録の真の目的はその場面を共有して話し合うことです。

そのためにはありのままの姿を描くことが大切です。

あなたの保育士として未熟な姿、子どもの好ましくない姿、保育環境として望ましくない状況。

そういったありのままを描き出すことで、その場面をきっかけに保育について話し合い、保育を改善することができるのです。

保護者に出すエピソード記録などは多少配慮する必要があるかもしれませんが、保育者が読む記録である場合は読み手に気を使わず、自分もカッコつけず、真実を描きましょう。

エピソード記録例文

ここでは私がこのブログの中で描いたエピソード記録を例としてあげておきます。

ブログ記事として描いたものなので、正式なエピソード記録の形式にはなっていませんが、心が動いた場面とはどんなものか参考にしてもらえればと思います。

もし参考にたくさんのエピソード記録を読みたいという方は、「保育のためのエピソード記述入門」という書籍をおすすめします。

実際の保育の中で描かれたエピソード記録を読みながら、エピソード記録の大切さがわかる内容になっているので、とても勉強になります。

ただし、エピソード記録を描けるようになるには、まず描いてみることが大切です。

例文をたくさん読むより、まず自分で描き出してみるほうがいいと思います。

あなたのここ最近の保育で心に残った場面はなんですか?

まずはそれを描き始めてみましょう。

まとめ

エピソード記録(エピソード記述)の描き方について解説してきました。

エピソード記録は子どもの心、そこに関わった保育者の心を映し出すものです。

保育の仕事で大切なことは、「子どもがこんなことをできるようになった」とか「こんな活動をした」ということではありません。

「毎日の何気ない日常をどう考え過ごしているか」「子どもたちはどう感じているか」そういった目に見えないことが大切なのです。

なぜなら、子どもは一人ひとり違うのだから。

レッジョアプローチという、子どもの自主性を大切にする教育法を確立した、ローリス・マラグッツィの詩を引用しておきます。

子ども達の100の言葉

子どもには百とおりある。
子どもには百のことば 百の手 百の考え 百の考え方 遊び方や話し方
百いつでも百の 聞き方 驚き方 愛し方 歌ったり 理解するのに 百の喜び
発見するのに 百の世界 発明するのに 百の世界 夢見るのに 百の世界がある。
子どもには 百のことばがある(それからもっともっともっと)
けれど九十九は奪われる。
学校や文化が 頭とからだをバラバラにする。
そして子どもにいう 手を使わずに考えなさい 頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは 復活祭とクリスマスだけ。
そして子どもにいう 目の前にある世界を発見しなさい
そして百のうち 九十九を奪ってしまう。
そして子どもにいう 遊びと仕事 現実と空想 科学と想像 空と大地 道理と夢は一緒にはならないものだと。
つまり 百なんかないという。 子どもはいう でも、百はある。

ローリス・マラグッツィ(田中 敬子 訳)

KODOMO EDU  レッジョ・エミリア アプローチって何?② ”子供が100人いれば100通りの言葉がある”より引用

エピソード記録は忙しい保育の日常に流れていってしまう、子どもの心を描き出す記録です。

本当の意味で保育の質を高め、保育の仕事の大切さをわかってもらうためには、もっとエピソード記録を一般の保護者の方に読んでもらう機会があればいいのになと感じています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

※今回本記事を書くにあたり、鯨岡 峻/鯨岡 和子著「保育のためのエピソード記述入門」を参考にさせていただきました。


たくさんの例題をもとに、本記事より一層踏み込んだ内容になっています。
よければぜひ手にとって見てください。

この記事を気に入った方におすすめの記事はこちらです。

保育を楽しめてないあなたへ、「保育士はとても自由な職業だ」
保育士って大変ですよね?でも、大変だからって暗い顔してませんか?保育士は一般の職業よりずっと自由な職業なんですよ!
育児でイライラしてしまう人におすすめの絵本!
育児でイライラしてしまうあなたに読んでほしい、子どもの気持ちに気づく絵本を紹介します。育児が辛い人ほど心に響くのではないでしょうか。
忙しいママのための、30分で5000円稼ぐお小遣い稼ぎの方法
忙しいママでも30分で5000円のお小遣いを稼ぐ方法をご紹介。ただし、一回きりの裏技的な稼ぎ方なので、期待しすぎないでくださいね。「怪しくない?」と思った聡明なあなたにこそ読んで欲しい記事です。
保育士が辛いと感じているあなたへ
保育が辛いと感じているあなたへ。あなたは悪くありません。悪いのはあなたの保育園です。保育が辛い理由を徹底的に深堀りすると、心がふわっと軽くなりますよ。
手遊びって意味あるの?手遊びの意味や効果について徹底解説!
手遊びってなんでするんでしょう?保育の中で当たり前に行われている手遊びについて、その意味や効果について徹底的に深堀りしていきます。
大切な1ページを永遠に。子どもの写真を保存する方法
撮り貯めたお子さんの写真、どうしてますか?スマホに入れっぱなしという方は今すぐ対策が必要です。大量の写真データを安全・簡単に保存する方法をご紹介します。
「生きる力」とは?新しい時代を生きていく子どもたちへ贈りたい力
生きる力とは?どこよりもカンタンに解説!先の見えない時代の中、子どもたちに必要なものは?学力?英語力?いいえ、生きる力です。生きる力を贈り幸せな人生をプレゼントしましょう。
ブラック保育園はなぜつぶれないのか?
ブラック保育園ってどんなところ?ブラック保育園の実態と、ブラック保育園はなぜなくならないのかについて、いくつかのブラック園で働いてきた現役保育士が徹底解説!
スマホをかざすだけ!一番簡単な花の名前の調べ方
何よりも簡単な花の名前の調べ方をご紹介します。保育士さん、お母さん、お父さん近所の花の名前を覚えて子どもに教えてあげましょう。
子育て最大のポイント、愛着形成(アタッチメント)とは?
子育てや保育の勉強をしてると必ず出てくる、「愛着形成」について、誰にでもわかりやすく、かつ専門的に解説します。学生さんにも保育士さんにもお母さんにもおすすめです。
世界最先端教育ミネルバ大学から学ぶ、現代の子育てで大切なこと
ミネルバ大学とは、21世紀最初のエリート大学です。今までの教育を根底から覆す、ミネルバ大学の考え方を見ながら、現代の子育てに大切なことを解説します。ミネルバ大学については、全教育者に知ってほしい!!
保育園での噛みつきは本当に防げるの?噛みつきの理由と対処法
保育園での噛みつきはゼロにできないのか?現役保育士が本音で解説します。噛みつきが起きてしまった時の対応も一緒に学んでいきましょう。
現役保育士が子どもを褒めることについて本気出してに考えてみたら
褒めることは良いことと信じ切っていませんか?しかし、世界の有名な教育法の中には安易に褒めることを良しとしない考えも意外とあるのです。褒めることと愛することを混同してはいけません。
保育園で戦いごっこはなぜ起こる?子どもが戦いごっこをする理由と対策
クラスの子がすぐ戦いごっこをして困ってしまう・・・。そんな悩みにお答えします!子どもはなぜ戦いごっこをするのか?という切り口で、保育園での戦いごっこについて解説していきます。
はっきりいって金の無駄!子どもに英語は必要ない6つの理由
英会話に通わせるべきか迷っている方必見!留学経験者が本当に子どもに英語が必要なのか徹底検証します。
砂遊びしない子は学力低下?砂遊びに隠された大きな力
砂遊びをしない子は学力が下がるという研究があります。そのくらい砂遊びには子どもにとって大切な要素が詰まっているのです。砂遊びの魅力や遊び方、注意点について解説します。
現役保育士が解説!3歳児からの鬼ごっこの展開と種類!
保育園で鬼ごっこをどう展開していくか?現役保育士が経験をもとに解説します。また、いろいろな鬼ごっこの種類や、鬼ごっこ指導の重要なポイントも合わせて解説します。

Twitterもやってます!今の子育ての最先端情報やおもしろ保育エピソードをつぶやいてます!

  • 月500円で1万本以上のVideoが見放題。
  • スマホでも、タブレットでもテレビでも
  • まずは1ヶ月無料体験!
タイトルとURLをコピーしました