【保育士解説】抱き癖って本当?抱き癖の嘘と真実

幸せになる子育て

お義母さんや親戚のおばさんに、
「そんなすぐに抱っこしたら抱き癖がつくよ」
と小言を言われたことはありませんか?

そんな考え古い!
と思いつつも子育ての先輩に言われると少し心配になってしまいますよね。

しかし、心配いりません。

抱き癖なんて気にせずたくさん抱っこしていいのです。

この記事を読めば、抱き癖で悩むなんてバカバカしくなるよ!

抱き癖って本当?抱き癖の嘘と真実

抱き癖がつくと子育てが大変になる?

これは真っ赤なウソです。

赤ちゃんが泣くのは、お母さんに関わってほしいからです。

その時に抱っこすると、赤ちゃんは”泣いたら抱っこしてもらえて安心した”と学習します。

すると赤ちゃんは抱っこしてほしい時に泣いてアピールするようになるのです。

昔の人はこれを抱き癖と言って嫌ったのでしょう。

確かに、一時的に赤ちゃんは抱っこしてほしい時に泣くようになるでしょう。

しかし、それは当たり前のことです。

なぜなら赤ちゃんは喋れません。

ですから、”抱っこしてほしい”と伝える時に泣いて伝えるのは当然ですよね。

そして、泣くとお母さんがお世話をしてくれるという経験を繰り返して信頼関係ができていくのです。

信頼関係がしっかりできた赤ちゃんは心が自立するのが早く、むしろ子育ては長い目で見れば楽になるのです。

抱っこしないで泣かせっぱなしにしていると、赤ちゃんの中に安心感が育たず、自立は遅れて大変になっていくのです。

抱き癖がつくと子育てが大変は真っ赤なウソだったのですね。

抱き癖がつくと自立が遅くなる?

先ほども少し触れましたが、これも嘘です。

赤ちゃんの心が自立していくには、安心感が必要です。

お母さんという絶対に信頼できる存在ができた赤ちゃんは、少しずつお母さんから離れて外の世界を探索し始めます。

この始めの信頼感ができることを「愛着の形成」といいます。

愛着形成は子育ての本当に重要なポイントなので別記事で解説しています。

子育て最大のポイント、愛着形成(アタッチメント)とは?
子育てや保育の勉強をしてると必ず出てくる、「愛着形成」について、誰にでもわかりやすく、かつ専門的に解説します。学生さんにも保育士さんにもお母さんにもおすすめです。

この愛着形成がうまくいかないと赤ちゃんはいつまでも安心できず、お母さんにくっついたままになるのです。

つまり、たくさん抱っこしてあげると、安心感が育ち、愛着形成ができて、むしろ早く自立していくようになっていくのです。

抱き癖がつくからと抱っこしないでいると、逆に自立を遅らせてしまいます。

一時的な抱き癖なんて気にせず、たくさん抱っこしてあげたほうが結果お母さんも楽ですよ。

泣いてすぐ抱っこするのは良くないこと?

泣いてすぐ抱っこしてあげるのはいいことです。

抱き癖が…なんて言ってだっこしないでいると、赤ちゃんの心の発達が遅れてしまいます。

たくさん抱っこして愛情を注いであげることで、赤ちゃんに安心感が育ち、すくすくと成長していくのです。

確かに、赤ちゃんは泣いても抱っこしてくれないとあまり泣かなくなります。

しかし、これは赤ちゃんが愛情を欲しがるのを諦めてしまった状態です。

泣いても「抱き癖がつくから」と抱っこせずにいると、むしろとても危険な状態に陥ってしまうこともあるので要注意です。

泣いているのは理由があります。

しっかり抱っこして受け止めてあげてください。

たくさん抱っこしよう!抱っこするメリット

抱っこすると幸せになる

これは科学的に証明されていることです。

子育て中のお母さんからはオキシトシンというホルモンが分泌されます。

母乳を分泌するためのホルモンなのですが、別名幸せホルモンと呼ばれているのです。

オキシトシンには

  • 幸福感が増す
  • 子どもの自立を促す
  • ストレス耐性が増す

と言った効果があると言われています。

このオキシトシンが抱っこしてあげると赤ちゃんからもお母さんからも出るのです。

抱き癖なんて気にせず、たくさん抱っこしてお母さんも赤ちゃんも幸せになりましょう。

抱っこすると赤ちゃんとの信頼関係が育つ

これは誰でも想像できますね。

赤ちゃんが泣いて「抱っこしてほしい」とアピールした時に抱っこしてあげれば、赤ちゃんはお母さんを信頼します。

「自分が困ったときはお母さんがなんとかしてくれる」

という絶対の安心感が育ち、赤ちゃんはお母さんを大好きになります。

大好きな人ができた赤ちゃんはそこから少しずつ世界を広げていくことができるのです。

抱き癖が…なんて気にしてたら赤ちゃんとの信頼関係がなかなか育たなくなってしまいます。

赤ちゃんを抱っこしてあげれないときはどうすれば?

赤ちゃんが泣いたらすぐ抱っこしてあげることがいいとわかりました。

しかし、「いつもいつもすぐに抱っこなんてできない!」というお母さんも多いはず。

お母さんは家事も、場合によっては仕事もしていて大変なのです。

心配はいりません。すぐにだっこできなくてもだいじょうぶですよ。

赤ちゃんに声をかけよう

赤ちゃんが泣いて「抱っこしてー」といったときは、「今〇〇してるから、ちょっとまってね」と声をかけましょう。

「そんなこと赤ちゃんにわかるの?」と思うかもしれません。

赤ちゃんには言葉の意味までは伝わりません。

しかし、泣く→お母さんが声をかける→その後来てくれる

ということを繰り返すことで、赤ちゃんはお母さんの声が聞こえると安心するようになります。

泣いているのを無視することとは全く違います。

それで泣き止まないとしても、お母さんの声の雰囲気から赤ちゃんに気持ちは必ず伝わります。

なにより、泣いていることを気にかけてくれているというお母さんの姿勢が一番大切なのです。

忙しくて抱っこするのが遅くなってしまっても大きな影響はありません。

赤ちゃんが泣いているのに抱き癖を気にして無視するということが問題なのです。

抱っこ紐・おんぶ紐を使おう!

忙しいお母さんを助けてくれる便利なアイテムが抱っこ紐・おんぶ紐です。

昔から長く使われてきた抱っこ紐・おんぶ紐ですが、実はとても効果的なのです。

お母さんの背におぶられていることで赤ちゃんはお母さんの体温や声、動きを感じて安心します。

また、高い目線からいろいろなものを眺めることもできるので、赤ちゃんにも刺激的で楽しい時間となります。

忙しくてなかなか抱っこしてあげれないという人は是非活用してみてくださいね。

今はネットでも色々売ってるので便利ですね。

ちなみに、おんぶしているときはたまに背中の赤ちゃんに声をかけてあげるとより良いですよ。

まとめ

抱き癖がつくからすぐにだっこするのはよくないと言われると不安になってしまいますよね。

でも大丈夫です。

赤ちゃんが泣いたら抱っこしてあげることはとても自然な行動で、むしろ赤ちゃんの自立を早めることにもつながっていきます。

お母さんからの愛情をたくさんもらって赤ちゃんは育っていくのです。

抱っこは愛情表現の中でとてもわかりやすく、お母さんも赤ちゃんも幸せにします。

抱き癖が…なんて根拠なき迷信に惑わされずにたくさん抱っこして愛情を注いであげてくださいね。

抱っこの他にもたくさんスキンシップを!

スキンシップは子どもの将来への貯金!赤ちゃんとのスキンシップの大切さ
赤ちゃんとのスキンシップは子育ての最重要事項!スキンシップが大切な理由を科学的に解説します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気にった方はこちらもおすすめです。

子どもの学費はどうする?学資保険は必要か?
学資保険ってよく聞くけど本当に必要なのでしょうか?学資保険のメリット・デメリット合わせて、学資保険についてわかりやすく解説します。
忙しいママのための、30分で5000円稼ぐお小遣い稼ぎの方法
忙しいママでも30分で5000円のお小遣いを稼ぐ方法をご紹介。ただし、一回きりの裏技的な稼ぎ方なので、期待しすぎないでくださいね。「怪しくない?」と思った聡明なあなたにこそ読んで欲しい記事です。
子育て家庭必見!格安SIMでスマホ代を7000円以上減らす節約術!
子育てって本当にお金がかかります。そんな子育て家計必見の、毎月出ていく固定費を確実に減らす節約術を紹介します。
保育士解説!保育園の持ち物の名前つけの位置や方法
保育園の名前つけって必要なの?そんな疑問に現役保育士がお答えします。また、名前付けを超簡単にする方法もご紹介しますよ。
子育て最大のポイント、愛着形成(アタッチメント)とは?
子育てや保育の勉強をしてると必ず出てくる、「愛着形成」について、誰にでもわかりやすく、かつ専門的に解説します。学生さんにも保育士さんにもお母さんにもおすすめです。
子育てで後悔したくない人必見!幼少期の子育てで大切にしたい3つのこと
【現役保育士解説】子育てで大切にしたいことって何でしょう?たくさん情報がありすぎてわかりづらくなっていませんか?やることはシンプルで、子どもを愛すること、一緒に遊んであげることです。そんな当たり前がどんなに大切か、わかりやすく解説します。
8ヶ月不安とは?赤ちゃんの大きな成長、人見知りの始まり
【保育士解説】8ヶ月不安とは?後追いや夜泣き、人見知りが激しくなる8ヶ月不安についてくわしく解説していきます!
赤ちゃん言葉は本能!ついつい使ってしまう理由と子育てへの影響
赤ちゃん言葉が気持ち悪い、子育てによくないといった考えは大きな間違いです!赤ちゃん言葉はとても自然な本能なのです。本当は子育てに良い、赤ちゃん言葉について解説します。

Twitterもやってます!今の子育ての最先端情報やおもしろ保育エピソードをつぶやいてます!

タイトルとURLをコピーしました