子育て最大のポイント、愛着形成(アタッチメント)とは?

キスする赤ちゃんと母親 保育

こんにちは!保育士のサボジローです。

この前、子育てには愛着の形成が大事って聞いたんだけど・・・。
愛着ってなに?

愛着の形成って難しそうだけど、要は子どもとの心のつながりのことだよ!

保育士の勉強をしていると必ず出てくる「愛着形成」。

今や普通に子育てをしている人にも認識されつつある言葉ですね。

別にそんな言葉知らなくても当たり前にできている人がほとんどです。

しかし、実は子育ての中で最も重要と言っても過言ではないのが愛着形成。

聞いてみれば「なーんだ」という当たり前の話ですが、誰にでもわかりやすく、かつ専門的に説明していきます。

保育について勉強中の方にもおすすめの記事です。

保育士さんはプロなのでしっかり説明できるようにしましょう!

愛着形成とは?

さて、さっそく本題ですが愛着形成とは、精神科医のジョン・ボルビィが1969年に著書「愛着行動」の中で取り上げた考え方です。

そもそも愛着行動(アタッチメント)とは何でしょう?

生物個体ー特に生後間もない生物個体が、危機的状況で不安・恐れといったネガティブな情動状態に陥った際にとる、他個体への近接(くっつき)行動ー厳密には、他個体への近接(くっつき)をはかろうとする傾向

アタッチメント(愛着)理論から考える保育所保育のあり方,初塚眞喜子,2010

ちょっと難しいですね。

簡単に言うと、赤ちゃんが不安になったり、怖くなったりした時にお母さんやお父さんにくっついて安心しようとする行動のことです。

赤ちゃんって抱っこしてあげると安心しますよね?

また、何かあると抱っこを求めますよね?

もっと言えば、大人でも不安な時や怖い時に誰かにくっつくと安心しませんか?

あれが愛着行動です。

そして、愛着形成とは、愛着行動を繰り返すうちに、いつもお世話をしてくれる人と心が通じ合い、その人への信頼を高め、特定の人に特別な愛情を持つことです。

この特定の人のことを「安全基地」といいます。

その人がいれば安心できる、自分は安全だと感じて心が安定する。

子どもにとってそのような安全基地の存在がとても大切です。

家庭ではお母さんやお父さん。

保育園では担任や担当の保育者。

それらの人が安全基地となることで、子どもは心が安定し、生き生きと遊ぶことができるのです。

また後でも説明しますが、愛着がしっかり形成されると、安全基地となる人が目の前にいなくても心が安定し、色々なことに興味を持っていくことができます。

それにしても、くっつくと落ち着くってなんだか不思議ですよね。

なぜ愛着形成が大切か?

愛着の形成は子育ての中で最も重要とお話しました。

愛着の形成がお母さんへの愛情をしっかり持つことだとわかれば、何となくそれもおわかりいただけると思います。

しかし、せっかくですから掘り下げてしっかり解説していきましょう。

まず、子どもにとって一番必要な力とはなんでしょう?

それは、「生きる力」です。

生きる力とは、自分の人生を幸せに生きていく力のことで、

  • 自分を大切にする力
  • 自分で考える力

この2つの力が大切です。生きる力について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「生きる力」とは?新しい時代を生きていく子どもたちへ贈りたい力
生きる力とは?どこよりもカンタンに解説!先の見えない時代の中、子どもたちに必要なものは?学力?英語力?いいえ、生きる力です。生きる力を贈り幸せな人生をプレゼントしましょう。

さて、この「自分を大切にする力」と「自分で考える力」は2つセットで身についていきます。

自分を大切にすることができるようになり、自分でじっくり考えていくことができるようになっていくのです。

そして、自分を大切することができるようになるには、愛着の形成が重要なのです。

バーストラウマという心理学の考え方があります。

赤ちゃんは、産まれる前は「お母さんの子宮」という安全で安心な楽園の中で過ごしています。

しかし、ある時突然激しい痛みとともに子宮から切り離され(出産のことです)、自分と母親が別の存在となってしまいます。

そして、空気、強い光、音、匂い、感触、全てが初めての世界に急に放り出されるのです。

こうして人間は、すべての人が産まれる時に大きなトラウマを抱えて産まれてくるというのが、バーストラウマの考え方です。

つまり、人間は産まれたときから不安に包まれているのです。

不安に包まれた赤ちゃんはたくさん泣きます。

泣くとお母さんが優しく抱っこして、色々お世話してくれて不安がなくなります。

また不安になると泣き、お母さんに抱っこしてもらって安心する。

そうした愛着行動を繰り返すことで、赤ちゃんの心は安定して不安がなくなっていきます。

こうして愛着が形成され、心が安定すると、色々なことに興味を持って遊ぶようになっっていきます。

色々なことに興味を持って自分で遊ぶ中で色々なことを考え、自分で考える力を手に入れていくのです。

不安に包まれて産まれてくる

        ⬇

愛着が形成され心が安定する(安全基地ができる)

      ⬇

世界に興味を持ち、夢中になって遊ぶ

        

自分で考える力、「生きる力」を手に入れる

こんな風にして人の心は成長していきます。

愛着の形成は心の成長の出発点です。

お母さんやお父さんと愛着を形成することは、人生の基盤になるとても大切なことなのです。

アタッチメントの発達

では次は、どのようににしてアタッチメント(愛着行動)は発達していくか見ていきましょう。

※年齢はあくまで目安で、個人差があります。

アタッチメントは誰もが生まれ持ってくるものだよ!

第一段階〜生後3ヶ月頃まで〜

この頃はまだ特定の人との愛着形成はできておらず、アタッチメント欲求(不安になってくっつきたくなる)が出てくると誰にでも同じようにアタッチメント行動をします。つまり、誰にでも抱っこして欲しがります。

第二段階〜生後3〜6ヶ月頃〜

少しずつ特定の人との愛着が形成されてきて、人の顔を識別するようになってきます。

知らない人の顔をじっと見たり、泣いたりするでしょう。

人見知りの始まりですね。

人見知りは愛着が順調に形成されているサインでもあるのです。

第三段階〜生後6ヶ月ごろ〜2、3歳頃まで〜

この頃になると愛着がしっかり形成されてきていると言えます。

大好きな人がしっかりわかり、大好きな人の後追いをして泣いたりもします。

8ヶ月不安というお母さんとべったりくっついていないと不安になってしまう時期もこの段階ですね。

8ヶ月不安についてはこちらで詳しく書いてます。

8ヶ月不安とは?赤ちゃんの大きな成長、人見知りの始まり
【保育士解説】8ヶ月不安とは?後追いや夜泣き、人見知りが激しくなる8ヶ月不安についてくわしく解説していきます!

この第三段階では、安全基地ができると外の世界に遊びに行くことができるようになります。

少しずつ 少しずつ、愛着が形成されていくに従って子どもの世界は広がっていくのです。

第四段階〜3歳以降〜

安全基地となる大好きな人との愛着がしっかり形成されています。

安全基地となる人が目の前にいなくても、心の中に絆がしっかり結ばれているので大丈夫。

「お母さんがぼくを大好きだから大丈夫」というように安全基地となる人との絆を胸に、色々なことへと挑戦していこうとします。

愛着形成という観点で言えば、心が自立するのはこの頃でしょう。

保育園でも、3歳児頃から多くの子がお母さんと泣かずにバイバイできるようになります。

愛着がしっかり形成されないと・・・。

人は、誰もがアタッチメント欲求を持って産まれてきます。

しかし、その欲求が満たされず、特定の人としっかり愛着が形成されないと、大人なってからの人間関係に大きく影響が出ると言われています。

また、先ほども説明したとおり、愛着の形成は生きる力の土台となります。

大好きな人との絆を心の中に持つことができないと、色々なことに興味を持って挑戦していくことができなくなってしまうのです。

愛着がしっかり形成されないと、その子の人生に大きく影響が出てしまうのですね。

他にも、ネグレクトを受けた子など極端に愛着形成がうまく行かなかった場合は、愛着障害という状態になってしまいます。

愛着障害になると、極端に人に触れることを拒絶したり、無気力になって人と交流しようとしないようになったり、反対に誰にでも無差別に愛着行動を求めたりするようになってしまいます。

私は学生時代、養護施設でボランティアをしていた時にこの愛着障害の子と接することがありました。

その子達は小学生でしたが、初めてあった私にもすぐに抱きつき、ベタベタと甘え、一見すると人懐っこい子にも見えました。

一方で、攻撃性が高く、すぐに怒って他人を傷つける面もありました。

やはり総合して見ると、異常な甘え方や攻撃性は学生だった私の目にも異常に移りました。

もちろん、愛着障害にまでなってしまう心配はよほどいりません。

しかし、私はその養護施設の経験の中で、愛着の形成がどれだけ人生にとって重要なのか実感しました。

愛着形成の4つのパターン

ここで愛着の形成についての有名な実験を紹介します。

別に覚える必要はありませんし、実践して見る必要もありませんが、愛着理論という考え方の中で有名な実験なので紹介しておきます。

心理学者のメアリー・エインズワースという方が確立した、ストレンジ・シチュエーション法という実験方法です。

方法は簡単で

  1. 赤ちゃんと母親が一つの部屋に入り、赤ちゃんが遊んでいるところから少し離れて母親は座る。
  2. そこに見知らぬ人が入ってくる。
  3. 見知らぬ人は1分間静かに座り、1分間お母さんと会話し、その後赤ちゃんと遊ぶ。
  4. お母さんが部屋から出ていく。
  5. お母さん再び部屋に入る。(お母さんと再会する)見知らぬ人は出ていく。
  6. お母さん再び部屋を出る。(赤ちゃん一人残される)
  7. 見知らぬ人が部屋に入り赤ちゃんをあやす。
  8. 見知らぬ人が出ていきお母さんが部屋に入る。(再びお母さんと再会)

上記のように実験は行われ、その時の赤ちゃんの反応から、その赤ちゃんの愛着行動を4つのパターンに分類するというものです。

文字で見てもわかりづらいので動画をどうぞ。

The Strange Situation – Mary Ainsworth

英語ですが何を言ってるかは気にしなくても大丈夫です。(実験方法を説明してます)

黒い服の人がお母さん、柄のある服を着ている人が見知らぬ人です。

さて、この実験で行動のタイプを4つに分類できます。

安定型

お母さんがいなくなると素直に泣き、再会すると思う存分甘えるのが安定型です。

日頃のお母さんの関わり方としては、態度に一貫性があり赤ちゃんの欲求によく答えてくれます。

回避型

お母さんがいなくなってもあまり泣いたりせず、再会しても素直に甘えたりはしないのが、回避型です。

日頃のお赤さんの関わりとしては、あまり赤ちゃんに関心を示してくれず、愛着行動を求めても応えてくれないことが多いです。

そのため赤ちゃんはお母さんに求めすぎず、最低限側にいられるように、鬱陶しがられないよう愛着欲求を制限します。

アンビバレント(両面)型

お母さんがいなくなるときには激しく泣きますが、再会時には甘えながらもいなくなったことへの怒りをぶつけたりします。

日頃のお母さんの関わりとしては、赤ちゃんの愛着欲求をしっかり受け止めてくれる時と、そうでない時の差があり、一貫性がありません。要するに気まぐれです。

そのため、赤ちゃんは安心できずお母さんの動向に敏感で、必要以上に泣いたり甘えたりしてくっつこうとします。

無秩序・無方向型

赤ちゃんの行動が、上記3つのどれにも当てはまらないような、一貫性のない行動をします。

泣いたり、泣かなかったり、お母さんを怖がって見知らぬ人に親しげにしたりと、行動が読み取りづらいです。

日頃のお母さんの関わりとしては、赤ちゃんの安全基地としての役目を果たしていません。むしろ、反対に赤ちゃんを怖がらせる、不安にさせるなどの行動が多いです。虐待やネグレクトが疑われます。

本来は安全基地であるはずのお母さんが恐怖の対象であるため、赤ちゃんは不安になってもお母さんに近づくことができず、第三者から見て不思議な行動をします。

さて、愛着行動の4つのパターンを見てきました。

しかし、この分類事態は国によって文化差があったりもしますのそんなに気にすることはありません。

ではなぜ紹介したかといえば、この実験を通して、どういう風に赤ちゃんに接すればしっかりとした愛着形成ができるかがわかるからです。

次の章では、どのようにすれば赤ちゃんにとってもっといい安全基地になれるのか説明していきます。

しっかりした愛着を形成するには?

ある意味ここがいちばん大切なところですね。

赤ちゃんとの間にしっかりとした愛着を形成し、赤ちゃんがいつでも安心できる素晴らしい安全基地になるにはどうすればいいのでしょう?

順番に説明していきます。

敏感性と一貫性が大切

先ほどのエインズワースの実験からわかるのは、愛着の形成にはお母さんの敏感性と一貫性が大切ということです。

何やら難しい言葉が出てきました。

  • 敏感性・・・赤ちゃんの気持ちを敏感にキャッチして、必要なお世話をしてあげることです。つまり、赤ちゃんをよく見ているということですね。
  • 一貫性・・・赤ちゃんへの態度が常に安定しているということです。赤ちゃんに優しくしたり、無視したりと気まぐれではないということです。

しっかりとした愛着を形成するには、赤ちゃんをよく見て、いつもしてほしい時にしてほしいお世話をしっかりしてあげることが大切なのですね。

当たり前の事のようで、忙しい現代では意外と難しいものです。

特に天敵はスマホです。

現代人はほとんどの人がスマホ依存症。ちょっと暇があると用がなくてもスマホを開いてしまいませんか?

赤ちゃんがわかりやすく泣いてくれる時はスマホを見ていても気づくでしょうが、小さなサインを出しているときもあります。

小さな赤ちゃんを見ているのって意外と退屈してしまいそうですが、一生のうちで今だけしかない大切な時間です。

せめて授乳するときだけでも赤ちゃんの顔をじーっと見て、心を通わせてくださいね。

情動的利用可能性も大切!

また難しい言葉出てきました。

「情動的利用可能性」なんて聞いたことありませんよね。

「情動的利用可能性」とは、「敏感性」から「侵害性」(=子どもの自律的な行動を侵害する度合い)を差し引いた概念ということができる。

アタッチメント(愛着)理論から考える保育所保育のあり方,初塚眞喜子,2010

先ほど、敏感性が高いほうがいいといいましたが、高すぎてもよくないよということです。

敏感性が高いほど赤ちゃんの変化をすぐキャッチできますが、逆に過保護にもなってしまいます。

赤ちゃんが自分で興味を持ってやろうとしていることを、先回りして母親がやってしまうのは赤ちゃんの自立によくないですよね?

情動的利用可能性とは、「安全基地となる人は、赤ちゃんが不安になった時だけ安心を与えてあげる存在でいい。」ということ。

もっといえば、赤ちゃんの心の安定に利用される存在でいいのです。

何より大切なのはスキンシップ!

愛着行動とは不安な時に他者にくっつくことで安心しようとする行動でしたね。

そうです、赤ちゃんとくっつくことが大切なんです。

つまり、愛着の形成にはスキンシップが欠かせないのです。

動物は不思議なもので、触覚から安心感を得ることができます。

愛着に関する興味深い実験があるので紹介しておきます。

※現代ならば倫理的に許されない、正直気分が悪くなる実験です。ご注意ください。

1950年代、「赤ちゃんとお母さんは授乳の関係で結びついており、愛情は必要ないのだ」と一般的に考えられていました。

しかし、動物学者のハリー・ハーロウは赤ちゃんに必要なのは愛情であると考え、産まれたばかりのアカゲザルの赤ちゃんを母親から引き離し、代理母を与えて育てます。

一つは針金でできているが、哺乳瓶がついていてミルクを飲むことができる猿の人形。

もう一つは温かい毛布でできているが、ミルクは出ない猿の人形。

すると、猿の赤ちゃんはお腹の空いたときだけ針金の人形のところでミルクを飲み、ほとんどの時間を温かい毛布でできた人形にしがみついて過ごしたというのです。

イメージを掴むために動画を載せておきます。(英語ですので、あくまで人形のイメージを掴むために)

Harlow's Studies on Dependency in Monkeys

この実験結果から、赤ちゃんが育つには接触による心地よさ、つまりスキンシップが何より重要だとハーロウは考えました。

ちなみに、この猿たちは成長すると仲間とうまく付き合えなかったり、自傷行為をしたりと正常には発達しなかったようです。

やはり、動かない人形に育てられては正常には育ちませんよね・・・。

しかし、この実験でハーロウが証明しようとした、成長には愛情が不可欠という考え方は現代の子育ての基盤になっています。

猿にとっては気の毒なひどい実験ですが、ハーロウが世の中に示そうとしたことは大きな意味があったと思います。

長くなってしまいましたが、愛着を形成するにはスキンシップが重要だということはおわかりいただけたでしょうか?

スキンシップの大切さについては更に詳しくこちらの記事でも書いてます。

スキンシップは子どもの将来への貯金!赤ちゃんとのスキンシップの大切さ
赤ちゃんとのスキンシップは子育ての最重要事項!スキンシップが大切な理由を科学的に解説します。

子どもの安全基地になろう

前半でも触れましたが、子どもの中にしっかりとした愛着を形成するためには、安全基地の存在がとても重要です。

先ほどの4つの愛着パターンでも登場した、メアリー・エインズワースが提唱した考え方です。

下記引用を見てください。

子どもは、アタッチメント対象である養育者を「安全基地(secure base)」(=自分にとって安全や安心感を得られる活動の拠点)として利用していることになる。

アタッチメント(愛着)理論から考える保育所保育のあり方,初塚眞喜子,2010

これはわかりやすいですね。

安全基地とは赤ちゃんがホッとして安心できる人ということです。

赤ちゃんとの愛着が形成されていくと、お母さんは、まず物理的安全基地になります。

お母さんに触れることで、側にいることで安心できるのです。

そして更に愛着形成が進むと、心理的安全基地へとなっていきます。

心理的安全基地になると、お母さんが側にいなくても、心の中に大好きなお母さんを思い浮かべることができ、”自分は大丈夫”と世界を探索していけるのです。

お母さんも、お父さんも、保育園の先生も、子どもの側にいる人は皆この安全基地を目指してほしいと思います。

その人がいるから安心できる。

その人が自分を大好きだと知っているから、自分を大好きになれる。

その人がわかってくれるから、色々なことに挑戦していける。

だから自分は大丈夫。

しっかりとした愛着が形成され、安全基地を心の中に持っている子はそんな風に力強く人生を生き抜いていくことができます。

ぜひ、安全基地になってあげてくださいね。

まとめ

今回は愛着形成について解説してきました。

簡単に説明しようと思いましたが、8000文字を超えるボリュームのある記事となってしまいました。

そのくらい、私にとって子育ての中で愛着の形成は重要なのです。

「人間は生まれながらにトラウマを抱えている」というバーストラウマについて本文中で触れました。

バーストラウマ事態はあくまで心理学の考え方の一つですが、私はとても好きな考え方です。

人間は生まれた時から、この広い世界で生きていくことに不安を抱えているのだと、だからこそ愛されなければ生きていけないのだと言います。

世の中で、生まれた時から一人で誰にも頼らず生きて、幸せになった人はいないでしょう。

幸せな人は必ず人生のどこかで、誰かから大きな愛情をもらっています。

その人が安全基地となって今も心に残っていることでしょう。

あなたも赤ちゃんと深く関わることがあるのなら、ぜひその赤ちゃんの安全基地となってその子の人生を幸せにしてあげてほしいと思います。

最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

※参考文献:「アタッチメント(愛着)理論から考える保育所保育のあり方,初塚眞喜子,2010

この記事が気に入った方はこちらもおすすめです。

子どもの学費はどうする?学資保険は必要か?
学資保険ってよく聞くけど本当に必要なのでしょうか?学資保険のメリット・デメリット合わせて、学資保険についてわかりやすく解説します。
忙しいママのための、30分で5000円稼ぐお小遣い稼ぎの方法
忙しいママでも30分で5000円のお小遣いを稼ぐ方法をご紹介。ただし、一回きりの裏技的な稼ぎ方なので、期待しすぎないでくださいね。「怪しくない?」と思った聡明なあなたにこそ読んで欲しい記事です。
保育士解説!保育園の持ち物の名前つけの位置や方法
保育園の名前つけって必要なの?そんな疑問に現役保育士がお答えします。また、名前付けを超簡単にする方法もご紹介しますよ。
手遊びって意味あるの?手遊びの意味や効果について徹底解説!
手遊びってなんでするんでしょう?保育の中で当たり前に行われている手遊びについて、その意味や効果について徹底的に深堀りしていきます。
一生に今だけの芸術!子どもの絵をどう保存する?
子どもの絵ってどうやって保存するのがいいのでしょう?せっかくの思い出だから、簡単・確実に一生取っておきましょう!
「生きる力」とは?新しい時代を生きていく子どもたちへ贈りたい力
生きる力とは?どこよりもカンタンに解説!先の見えない時代の中、子どもたちに必要なものは?学力?英語力?いいえ、生きる力です。生きる力を贈り幸せな人生をプレゼントしましょう。
赤ちゃん成長の節目、三項関係とは?わかりやすく徹底解説!
三項関係とは、赤ちゃんとお母さんが同じものを見て感動できるようになることです。発達にとってとても大切な三項関係についてどこよりもわかりやすく丁寧に解説していきます。
保育を楽しめてないあなたへ、「保育士はとても自由な職業だ」
保育士って大変ですよね?でも、大変だからって暗い顔してませんか?保育士は一般の職業よりずっと自由な職業なんですよ!
子どもの遊び食べでイライラしなくなる、たった一つの方法
手で食べ物をグチャグチャ、スプーンをポイ!汁の中に食べ物を・・・。こんなイライラする遊び食べに立ち向かう方法を現役保育士がお伝えします。
スマホをかざすだけ!一番簡単な花の名前の調べ方
何よりも簡単な花の名前の調べ方をご紹介します。保育士さん、お母さん、お父さん近所の花の名前を覚えて子どもに教えてあげましょう。
絵本が子どもに与える影響とは?You Tubeではダメ!ゼッタイ!
絵本が子どもに与える影響ってなんでしょう?この記事を読めば、「絵本ってなんとなく良さそう」ではなく、「絵本って良いものだ」とはっきり言えるようになります。
はっきりいって金の無駄!子どもに英語は必要ない6つの理由
英会話に通わせるべきか迷っている方必見!留学経験者が本当に子どもに英語が必要なのか徹底検証します。
赤ちゃんとの愛がぐっと深まる!わらべうたのススメ
現役保育士が赤ちゃんとの絆を深めるわらべうたを紹介します。わらべうたは、良いものだからこそ受け継がれてきました。ぜひ親子のふれあいに役立ててください!
社会的参照とは?どこよりもわかりやすく徹底解説!
社会的参照とはなにか?誰にでもわかりやすく、かつ専門的に解説していきます。赤ちゃんにとって重要な発達のポイントである社会的参照について、一緒に学んでいきましょう。
子どもを傷つける4つのダメな叱り方と子どもに届く叱り方
その叱り方、子どもを傷つけていませんか?伝えたいことは伝わってますか?子どもを傷つけるダメな叱り方と、正しい叱り方を現役保育士が徹底解説!
【保育士解説】抱き癖って本当?抱き癖の嘘と真実
抱き癖がつくって本当?と心配になっていませんか?抱き癖なんて気にしなくて良い科学的理由を保育士が徹底解説します。

Twitterもやってます!今の子育ての最先端情報やおもしろ保育エピソードをつぶやいてます!

タイトルとURLをコピーしました